瞑想もアロマやハーブも、人生を豊かにするもの♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by moco
 
[スポンサー広告
自然療法など
アロマやハーブ、その他もろもろ、いろいろなものについて。
万能ではないし、医療に変わるものではありません。


アロマは肌に使う場合禁忌が多いし、アレルギー、アトピー等にはほぼ無力か悪化させます。
香りを使う時も、小さいお子さんがいるおうちや犬や猫などペットがいるお宅は使わないか極々少量にした方が良いです。

精油を直接肌に塗ったり口に入れてもだいじょうぶ、と言う団体もありますが、私はオススメしません。
安全が証明されている、とも聞きますが、そもそも精油は、例えばラベンダーだと、世界の年間生産量の何倍もの“ラベンダー精油”が流通しています。
フランスでは医療者が処方することもあると聞きますが、それは日本の医薬品と同じく製品に対して厳しい基準と管理がなされているはずです。
日本やその他の国では雑貨扱い、良くても化粧品登録程度です。

精油そのものなのか、精油に何か混ぜ物がされているのか、はたまた全部合成なのかの区別も一般人にはほぼつきません。私も添付データを見るくらいしか方法がありません。

こんなこと、いいたくないけれど、これが現状なんですよね。。。

でも、だからって精油がなんの働きもないものかと言われたらそうではないと思います。
私もアロマもハーブも大好きです。
薬効成分が入っているものもたくさんあります。
だからこそ、安全に使って欲しいと思います。

私も通って来た道ですが、何かをすごくいいと思って、勉強したいと思うくらいすきになると、それにどっぷりになりすぎてしまうんですよね。
誰にでもいいとか、どんな場合でもいいとか、そんなものはたぶんないんだと思います。

余りにも最近、ちゃんと調べたり、反対意見も聞いたり、学んだりせずに安易に尋ねて、安易に信じる方が多いように感じたので。


助産師がワクチンは危ないからとホメオパシーをだして裁判になったなど聞くと、医療と定義されていないものについては基本的に自己責任ですし、医療とは別物として捉えるのがベストだろうと思っています。
Posted by moco
comment:0   trackback:0
[CUE
comment
comment posting














 

trackback URL
http://honoaroma.blog84.fc2.com/tb.php/341-d903e87d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。