瞑想もアロマやハーブも、人生を豊かにするもの♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by moco
 
[スポンサー広告
アレルギー
アレルギーって結構誰にでもあるものです。

私はたぶん、ホコリアレルギー。
過去一回、職場のお引っ越しの時になりました。発疹が出て痒くて熱くて痛くて・・・・・。
症状はいろいろですが、花粉症のほか、小麦や卵、ナッツなど食物アレルギーがある人もたくさんいます。


こないだ、加水分解小麦末の入った石けんでアレルギー症状が出て、その後小麦を含む食品を摂取することでアナフィラキシー反応などの全身性のアレルギーが出て、有名なお茶の石けんが自主回収されました。
厚労省の発表によると、どうやら、石けんを使った後、目や口の周りの痒みや腫れを感じていたらしいですがそのまま使い続けていた模様。アナフィラキシーというのは重篤なアレルギー反応で、全身に蕁麻疹が出たり、呼吸が困難になったり血圧が低下してしまったり、かなり恐ろしいのです。



石けんもそうですが、ナチュラル志向なのは良いとして、自然のものがすべて人間にやさしいとは限りません。
アロマセラピートリートメントをする時には、植物から採れた成分や油を使うので、アレルギーについては必ず聞きます。そしてアレルギーがある方の場合、よくよく吟味してオイルを選びます。
フランスでは精油を飲用することもありますが、それは医師の指導のもとだからこそ。日本でやるなら自己責任です。100%ピュアナチュラル=人間に安全、とは言えません。
精油を飲用しなかったり濃度を薄めて使うのはアレルギーを考えてという一面もあると思います。


そしてアレルギーを持っているご本人は意外と無頓着なことも多いのです。
食べものはダメだけど体や顔に塗るものは大丈夫だろうとか思っちゃうみたいですが、気を付けるに越したことはありません。



最近の化粧品はラベルに内容物がかなり詳しく書かれています。

アレルギーが出る時には体が何かの成分に反応して出るので(体調や季節なども関係します)、自分に何が合わないか気を付けてみるのもいいと思います。
既成の化粧品は、手作りの化粧品と違って多くの種類の成分が含まれているので特定は難しいと思いますが、合わない化粧品のラベルは取っておいて、成分をチェックしてみてくださいね。


そして、いくらナチュラルなものでも(ナチュラルという言葉の魔法かしら??)合わないと思ったら使用を中断して下さい。良いと思って使っているものが害になりませんように。

そして、studioCUEのレッスンへ来て下さった方々、自分に合う、合わないをきちんと判断して作ったり使ったりしてね!!
Posted by moco
comment:0   trackback:1
[CUE
comment
comment posting














 

trackback URL
http://honoaroma.blog84.fc2.com/tb.php/278-8f6e8bef
trackback
花粉症の根本治療で非花粉症体質を得るために本当に目指すべき体質改善法をあなたにお教えします。食事だけでなく精神と身体のバランスを高める習慣を身につけ、花粉症はもとより人間の潜在的免疫力、治癒システムをフル活用できるようにする方法です。
| 花粉無反応体質マニュアル | 2011.05.24 07:15 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。