瞑想もアロマやハーブも、人生を豊かにするもの♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by moco
 
[スポンサー広告
全体
週末、数年ぶりに学生の試合を見に行ってきました。


若い!熱い!そして考えなし!!笑


そう思うのは、きっとあの頃の私がそうだったからかもしれません。



大阪まで見に行った帰り、アロマを勉強し始めてしばらく経った頃にイギリスの男性セラピストと話した時のことを思い出しました。

その人はアロマ以外にもいろんなセラピーを習得していたのだけど、その時はもうアロマをメインにお仕事されていました。ワタシはその時はまだアロマをかじりはじめたくらいで、他のセラピーとの違いとかも全く分からなかったので、「アロマセラピーが素晴らしいと思うところはどんなところですか?」と聞いたんでした。
そうするとその人は「ボディとマインド、スピリット全部にアプローチできるから。」と答えて、ワタシはふーん、と思ったのでした。


今思えばその通りだって思うのですが、その時はピンときませんでした。

アロマの中でも特にトリートメントは、言葉を話すわけでもないしボディーのみにアプローチしているかのようですけど、実はノンバーバルコミュニケーションでマインドとスピリットにも働きかけているんだと思っています。
どう感じるかは人それぞれですが、ワタシは合うセラピストにトリートメントしてもらうと、ちょっとふわふわした感じと温かさ、安心感や開放感を感じます。自分で自分全体を感じられるというのかな。
アロマセラピートリートメントはボディーとマインドとスピリットをつなげる感じ、そんな気がしています。

そして、フラワーエッセンスはマインドへ、CUEセッションはマインドを通してスピリットへと繋がって働きかけているように感じます。
(働きかけると言っても、セラピストという道具を使って自分で自分に働きかけるというのでしょうか。上手く言うことが出来なくてごめんなさい。)


アロマセラピーの素晴らしいところは、と今聞かれるなら、全体へのアプローチが出来るということと、それを感じやすいということだと思っています。目を閉じてトリートメントを受けたり、香りをかいだりしていると(勝手に)敏感になるんじゃないかな。



ボディーだけでもマインドだけでもスピリットだけでも何かがおかしい。
全部がそこそこバランスしている状態。

そういう状態になっていくきっかけを提供出来るというのは、しみじみ嬉しいことです。



学生の頃と圧倒的に違うのは年をとっているということで、体力が徐々に落ちてくるしお肌もあんなにぷりぷりではなくなるし、ボディーだけ見るとなんにもしなくても生命力に満ち溢れていたところから何年もかけて少しずつ離れていっているんだけど、マインドやスピリットなんかはそれとは逆に少しずつ練られて磨かれている気がするのです。
ボディーが衰えるからこそ見えてくるものもあるんじゃないかと思うくらい。



studioCUEでは近々、新しいきっかけがご提供できるようになる予定です。

それもおそらく、ボディ―マインド―スピリット、全体へのアプローチになるんじゃないかと思っています。
Posted by moco
comment:0   trackback:0
[CUE
comment
comment posting














 

trackback URL
http://honoaroma.blog84.fc2.com/tb.php/196-506308ad
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。